多峰古峰山 661m

(たっぷこっぷやま)
支笏湖の名山が一望。低山だが眺望は一級品。感動します!

(2回目)
コース名南支笏3号線作業道コース
登山日2007.2.25(日)
天候晴れ
道路情報国道276号線の支笏湖周辺道路をを美笛に向かって進むと「苔の洞門」がある。そこから1kmほど行くと左手にゲートのある作業道がある。作業道入口の道路脇に駐車する
所要時間登り:1時間20分 下り:50分  ( )は休憩時間を含む
参考タイム【10:40】作業道入口(55')稜線二つの岩(25')山頂(50')作業道入口【13:30】   ( )は休憩時間含む
山行メモ今回は硬雪で全てつぼ足。駐車場から作業道を歩き、Y字分岐で右へ進む。そのまま進むと右側のトド松が切れ、雪原が開け、目指す多峰古峰山が現れる。雪原を進み、針葉樹林帯を突き抜けると沢地形となり左岸を忠実に進む。一度下って登る小さな沢(コルからの沢)を越えるとすぐ右に向かって急斜面を登る。ここがポイントでコルからの沢地形の左側を登っていくと稜線に出る。あとは顕著な稜線を忠実に辿る。二つの岩を通り抜け左にターンするように廻り込むと平坦な白樺林となる。最後の急坂を息を切らして登ると山頂へ。風も無く、時々太陽が顔を出す。山座同定後、ランチタイム。コーヒーを沸かし、アップルパイを食べる。支笏湖を囲む山々が美しい。目の前にある山は南多峰古峰山と読んでいるらしい。
山座同定風不死岳、樽前山、紋別岳、イチャンコッペ山、恵庭岳、空沼岳、漁岳、フレ岳、丹鳴岳、羊蹄山、尻別岳、白老岳、ホロホロ山、徳舜別岳、オロフレ山、南多峰古峰山
温泉支笏湖休暇村 700円

風不死岳の右の小さな瘤山が多峰古峰山
作業道入口。車2台駐車できる

作業道を歩くとやがて多峰古峰山が見える
顕著な稜線を登る

山頂から少し行くと眺望が抜群
下山途中の林道から丹鳴岳、漁岳が見える

今回のトラック(青線)。赤線は前回。3回目のルートがベストの様だ


1回目の多峰古峰山を見る

3回目の多峰古峰山を見る

4回目の多峰古峰山を見る


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system