手稲山 1023m


10月20日に降雪。陽が差し込んだ新雪を一歩一歩締めながら登る

コース名手稲スキー場コース
登山日2016.10.23(日)
天候曇り時々晴れ
メンバー山のメーリングリスト仲間(HYML)3人
道路情報手稲本町国道5号沿いスキー場入口にある大きな標識塔が目印。道路の最終地点が手稲ハイランドスキー場で駐車スペースがある
所要時間登り:1時間40分。下り:1時間。 つぼ足
参考タイム【8:10】駐車地点(1゜40')【9:50】山頂j【10:20】(1゜00')駐車地点【11:20】     ( )は休憩時間含む
山行メモ昨晩、手稲山に行くことが急きょ決まる。国道からスキー場に行く路は除雪されて道路脇に雪の塊が溜まっていた。駐車場には2台の先行車。ここのゴンドラ駅はスキーシーズンは使っていないらしい。山頂までのコース取りは3通りある。①ダイレクトにスキー場の急斜面を登る②斜面脇の登山道となった踏跡を登る③作業道を登る。今回は雪で滑るので登りは②、下り③の楽々コースとした。最初は雪が少なかったが徐々に多くなってきた。振り向くとネオパラ山の向こうに石狩湾が望める雄大な景色となっていた。時々陽が差し新雪が輝く。空気も清々しく、今日も来てよかったとお互いに話す。積雪は20cmほどになりスキーでも滑れるほどだ。高度を上げ、ネオパラ山がかなり下に見えるようになると平坦な登りになる。アンテナ群も間近となり、雪が積もった広い作業道を歩き山頂に到着。さっそく手稲山神社で参拝。今年も怪我なく沢山の山に登れて神様に感謝。山頂写真を撮り、三人でおやつを食べながら山談義。至福の時間を過ごす。30分休んで下山することに。下山の作業道は緩やかなので、何も考えずに楽々下りることができた。
山座同定藻岩山、三角山、円山、百松沢山、烏帽子岳、定山渓天狗岳、ヒクタ峰、銭函天狗岳

道路最終地点。ここに駐車して出発
スタートは雪が少なかった

いつもスキーで滑り降りる所で記憶にある
振り返るとネオパラと石狩湾

山頂のアンテナ群が見えてきた
積雪は20cmほど。ネオパラが低くなってきた

アンテナ群が近づき山頂は間近か
まずは手稲神社で参拝

雲で山頂から羊蹄山は見えなかった
さぁ、下山しますか

下山は作業道の楽々コースを使う
駐車場に到着。意外とたくさん車が駐っていた

2015.3.26の手稲山へ

2013.3.20の手稲山へ


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system