つげ山 935m(札幌50峰)


新雪30cmノートラックラッセルで山頂へ。所要時間約6時間のスノーシュー山行

コース名北西尾根コース→つげ山→北北西尾根コース     GPSトラック図
登山日2015.2.11(水)
天候曇り
メンバー山のメーリング仲間8人   スノーシュー
所要時間【8:50】登山口(3゜00')【11:50】山頂【12:45】(1゜45')登山口【14:30】  ※休憩時間含む
上り:3時間  下り:約1時間45分
道路情報道道朝里・定山渓線のほぼ中間地点に春香山に登る(春香沢コース)登山口がある。そこにかなり広く除雪された駐車スペースがある。送電線が走っている。
山行メモ雪山ガイドの取材で前日に同行者を募ると8人が参加。道路情報館に集合して2台の車で登山口に向かう。駐車場は広く除雪してあり本当にありがたい。昨日小樽方面に降雪があったようで30cmの新雪ノートラックの林道をラッセルして進む。曇り空だが、空気が爽やかで清々しい。二本目の送電線を越えてから取り付く尾根を慎重に見極める。SBを渡り緩やかな疎林の尾根を登る。今回はYさんがラッセル王。8人もいるので、最後の方は一級国道並だ。やがて730mポコに上がる。ここで少し右にターンして尾根に上がるのを、そのまま直進して急な斜面に取り付いてしまった。30度近くもある斜面なのでできるだけ樹のある所をジグを切りながら慎重に登る。やがて傾斜も緩くなりほっとする。11年前に登っているが、鮮明に記憶に残っている開放感溢れる平坦な地形に出た。目指すつげ山を左手に見ながらのラッセルは気持ちが良い。雪のモンスターも所々にあり、どっぷりと自然に浸かっている幸福感じながら歩く。左へ大きくターンをするように進むとあっけなく山頂に。山頂に着く頃に陽が差してきて明るくなってきた。10分後に5人の山スキーパーティが山頂に到着。登別山岳会のパーティで、写真を撮ってすぐに往路を滑って行った。期待していた定天は雲の中で残念。その隣りのヒクタ峰、そして北東には奥手稲山望めた。8人分の雪のベンチを造りランチタイム。何だか子供に戻った感じ。約1時間休憩して、下山には北北西尾根を使う。標高860mほどで地形図にはない顕著なポコがあった。あとは広い尾根から派生している支尾根に間違って入らないように下山。それでも最後に左の沢形に入り、少し登り返して顕著な尾根に上がると林道はすぐだった。林道はラッセルで硬くなっていたのでスノーシューを外し、つぼ足にした。総所要時間約6時間の取材山行を終える。同行者の皆さまありがとうございました。

広く除雪された駐車スペース30cm深雪ラッセル

小休止。まだ元気!先頭Yさんはラッセル譲らず

深雪の急斜面は登り難かったモンスターに向ってお祈り

開放感のある場所を歩く。山は目指すつげ山

左に大きくターンしながら登る山頂近くなってきた

山頂直下から振り返る。ヒクタ峰が望めたもう一歩で山頂

山頂に着くと陽が差して明るくなってきた

雪のベンチを造ってランチつげ山から北北西尾根を下る

地形図にはない顕著なポコを登る最後の尾根からスノーシューで滑る

1回目のつげ山登山(2004.3.8)へ

3回目のつげ山登山(2015.2.26)へ


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system