ビーナスの丘 1000m(シャクナゲ岳東のポコ)


天気に恵まれれば最高のスキーツアーコース

コース名チセヌプリスキー場コース   GPSトラック図
登山日2009.3.28(土)。メンバー4名
天候晴れのち雪
道路情報チセヌプリスキー場の駐車場に止める。スキー場は9時運行開始。片道250円
所要時間リフト終点からの登り:50分 下り(スキー場まで):45分  休憩時間を含む
参考タイム【9:25】リフト終点(50')ビーナスの丘(45')スキー場リフト乗り場【11:10】   ( )は休憩時間含む
山行メモ6時あいの里発。Tさんを途中ピックアップして豊滝の道路情報館でMさんと7時に待ち合わせ。私の車で一路チセヌプリスキー場に向かう。道路は雪もなく夏の路面で走り易い。8時半過ぎにスキー場到着。準備をしているとKさんも到着し、パーティ4人で最初からシャクナゲ岳東側ポコの通称「ビーナスの丘」(雪山ガイドの「シャクナゲ岳」を参照)を登ることにした。スキー場でチケットを買いリフトで832mまで登る。シャクナゲ岳と目指すビーナスの丘もよく見える。平坦な雪原からチセヌプリの裾野を行く夏の登山道ルートを進む。1ヵ月前に冬山遭難防止訓練で9個も雪洞を掘った場所は跡形が全く無かった。チセヌプリの裾野を進んでいる頃から雲に覆われ雪が降ってきた。だんだんシャクナゲ岳も見えなくなってきたが、とりあえずビーナスの丘まで登ることにした。あっけなく岩とハイマツが少し出ている1000mポコに到着した。写真を一枚撮ってすぐ折り返す。最初の滑降は雪質も良く楽しく滑ることができた。今日のルートは雪崩の発生する恐れの無いルートだが、時間に余裕があったので、チセヌプリの裾野でピットチェックの訓練をした。チセヌプリのスキー場まで降り、時間が早かったので、回数券を買って三人で分け合ってゲレンデを滑った。Kさんは宿泊するための諸々の準備に先に湯の里の別荘に行ってもらった。スキー場で回数券を使い果たしても12時30分と早く、鯉川温泉で汗を流し別荘に入った。別荘は暖かくなっていて、明るい時からビールを飲む贅沢な時間を味わった。16時ごろからみなさん集まり、全部で10名。22時過ぎまで美味しい料理にお酒の山談義宴会が続いた。
温泉鯉川温泉。500円。大好きな鄙びた温泉。内風呂は深い。露天はなかなか風情がある。

チセヌプリスキー場リフト終点から出発。シャクナゲ岳の右側ポコがビーナスの丘

20cmぐらいのラッセルで快適。チセヌプリがだんだん大きく迫ってくる

チセヌプリを右に夏道をなぞって進む

チセヌプリの裾野を進む。ビーナスの丘が見える
まだこの時が青空があった

ビーナスの丘に着く
結構いい雪質だった


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system