ヤンカ山 619m


どんぐりの葉と実がいっぱい落ちた紅葉の細尾根を登る!

★2003年9月21日の山行記へ

コース名登り:東側コース 下り:滝ノ沢コース 総距離:4.3km
登山日2000.10.28(土)
天候晴れ
所要時間●登り:1時間30分 ●下り:1時間05分
参考タイム登山口【11:05】(1°05')前ヤンカ(25')山頂(30')505m(30')若狭の滝(05')登山口【14:20】 ( )は休憩時間含まず
道路情報熊石町役場の横の道路を入って、数10mですぐ右折する。まもなく砂利道となり直進する。左側に墓地があれば間違いない。登山口には数台の駐車スペースしかない。
メンバー山のメーリング仲間5人
山行メモ明日は山のメーリング仲間30人で雄鉾岳オフミ大登山。その前にせっかく道南へ行くんだからと、5人でヤンカ山のミニオフミ登山をすることになった。朝4時30分に自宅を出て、途中でOさんとI女史を乗せ、岩内、長万部、八雲経由で、今日宿泊する小牧荘へ向かう。小牧荘に着くと既にSさんが来ていた。集合時間に少し遅れてAさんが到着。さっそく熊石町へ向かう。今日は最高の天気でみんなにこやかだ。まずは山頂ビールを買うために熊石町市街をウロウロしてGet。登山口に着くと室蘭ナンバーの車が一台駐車していた。素早く準備をしてI女史を先頭に登る。最初から急登であるのにI女史は何を思ったのかものすごいスピードで登る。まるで鍛錬登山に来たようだ。登り始めはどこでも心臓がパクパクする。Oさんが我慢できず「もっとゆっくり」とのアドバイスで、やっと鍛錬登山から解放され普通のペースで登る。ミズナラ林で大きなドングリがびっしり落ちている。落ち葉の上をカサカサと音をたて歩くのは気持ちがよいものだ。細尾根がずーと続く。前ヤンカに着くと眼前に冷水岳と白水岳が望まれる。一度下って、ロープのある急坂を登るとまもなく山頂に着く。山頂は木々の中だが、木には葉が無いのでそれほど見晴らしが悪い感じがしない。明日登る鋭鋒雄鉾岳も遠くにかっこよく見える。風がなく暖かい山頂でビールにおにぎりで昼食をとる。下りは細尾根のアップダウンが続く滝ノ沢コースを降りる。トド松の植林地やら草地を過ぎ沢の降りると小さな滑滝「若狭の滝」に着く。ここで顔を洗い休憩をとる。最後10mほど登ると林道に出て、まもなく登山口に着く。
温泉平田内温泉の奥に露天風呂「熊の湯」がある。そこまで舗装道路で、駐車場もある。一枚岩にお湯が流れ出ており、5人ほど入れる。ホースから出ている水で温度調節用ができ、脱衣場もある。温泉好きにはたまらない露天風呂だと思う。勿論無料

ミズナラ林の急な登り
急な登りを終えてほっと一息
前ヤンカから見た冷水岳
山頂手前から見た白水岳

山頂にて記念撮影
山頂近くから写した雄鉾岳

楽しい山頂での昼食
今の子供に体験させたい木登り

滝ノ沢コースから見た紅葉のヤンカ山


dummy

道南の山リストへ    inserted by FC2 system