横山中岳 724m


気軽に登れる南日高の展望台の山

コース名三石コース
登山日2000.611(日)
天候曇り時々晴れ。午前中は霧
所要時間●登り:1時間40分 ●下り:55分
参考タイム牧場入口【10:10】(15')横山登山口(25')つつじケ原通り(10')極楽平(50')山頂(30')極楽平(15')横山登山口(10')牧場入口【13:50】
( )は休憩時間含まず
道路情報三石市街地のはずれから富沢方面へ向かうと、信号のある十字路で右側に「横山中岳」への割りと大きな案内板がある。ここで左折。しばらく行くと右側に小さな標識がある。ここを右折。さらに進むと再び小さな標識がある。ここを右折。まもなく牧場入口となる。ここの道路脇に駐車する。札幌から185km。
山行メモ横山の山塊は雲がかかって見えないが、天候の回復を期待して登りはじめる。車を置いてから牧場に入っていく。ゆるやかな勾配の牧場を登っていくと、馬が何しに来たといった顔でこちらを見ている。牧場の終りの有刺鉄線をくぐると「横山登山口・三石山岳会」の標識があり、ここが登山口となる。登山道の両脇は背の低い上品そうな「ミヤコザサ」が続き、クッションも適度で登り易い。開放感のある木陰の中を気持ち良く登る。つつじケ原通りは健著な尾根道でやまつつじが満開で美しい。さすがに日高の山だ、ダニが執拗にズボンに付着する。結構な登りが続き、極楽平で楽になるが、再び山頂まで、急な登りとなる。
山頂では札幌からきたという女性の方と話が弾む。天候は相変わらず霧に覆われていて見晴らしがよくない。時々青空が顔を出すが、また霧に覆われるので昼食も早々に下山する。
下山した直後、だんだん晴れてきて、後ろ髪を引かれたが、黙々と下る。
ヤマツツジ、エゾカンゾウ、エゾオオサクラソウ、ユキザサ

農道脇に駐車できるように草刈りがしてあった
広い放牧場を登っていく

登山道脇にあるシナノキの大木
山頂で一緒になった女性の登山者とパチリ。
バックは木が多いが、前方は見晴らしはよい。

元に戻る

inserted by FC2 system