羊蹄山 1898m


雲海に浮かぶ狩場山、咲き乱れる高山植物!最高の天気に最高の眺望

(4回目登山)
コース名真狩コース
登山日2011.7.1(金)
天候晴れ
所要時間●登り:4時間25分 ●下り:3時間5分  休憩時間含む
参考タイム【5:10】登山口(1゜40')5合目(1゜50')9合目(25')真狩コース分岐(30')山頂(35')真狩コース分岐(15')9合目(1゜00')5合目(1゜15')登山口【13:40】  ( )は休憩時間を含む
登山道情報道道97号線を真狩村に向かって走り、湧水の里の少し手前に羊蹄山登山口の標識があり、右折。舗装道路を進んで行くと羊蹄山自然公園がある。そこにキャンプ場もある。私はキャンプ場で前日に車中泊(一人600円)したが、キャンプ場入口に登山者用の駐車場があり、そこで車中泊も可能と思う。テント泊の人が3組ほどいた。キャンプ場は新しくトイレも綺麗
トイレ情報キャンプ場のトイレが利用できる
山行メモ19年~21年前に3年連続で比羅夫コースから小屋一泊で登っただけ、今回久し振りで真狩コースから登頂。好天で雲海も見れて最高の登山日和だった。蒸し暑いし、蚊も多い。朝食で防虫ネットを被り、登山前半もそのまま使う。標高差1450mもあるので小休止を時々とりながらゆっくり登る。6合目が過ぎて樹木の間から空との堺が一直線となった雲海が突然見え、歓声を上げる。尻別岳が少し顔を出している。遠くには雪の載った狩場山が半分以上出ており、何とも表現できない素晴らしい景色だった。8合目が森林限界で、ハイマツが出てきて高山植物も徐々に現れる。9合目の標識が小屋との分岐点ともなっている。今日の天気予報は午前曇り、午後晴れ。納得!外輪山に出ると父釜には残雪がいっぱい。右回りのルートから山頂を目指すため左折。登山道はザレ場で両脇は高山植物が咲き乱れている。母釜と父釜の間の登山道をダウン、アップして進み岩場を登ると山頂に着く。山頂からは京極町市街、喜茂別町市街がくっきり。遠くは道南の山、積丹半島の山々、道央の山々が一望できる。1時間ほど昼食を摂りながら休み下山。下山ルートは外輪山の岩場を使う。きちんと白いペンキでルートを表示してあるので、迷うことはない。下山途中でガスが発生してきた。1合目近くになって茨城県の男性が飲み水がなくて困っていたので、まだ氷が残っていた水を差し上げた。その男性は美味しそうに飲み、何度もお礼を言われた。水を少し多く持って行ってよかった。
エゾノイワハタザオ、ウコヌツギ、キバナシャクナゲ、サンカヨウ、シラネアオイ、ミヤマキンバイ、メアカンキンバイ、エゾノツガザクラ、ウメバチソウ、ハクサンチドリ、チシマフウロ
温泉情報真狩温泉(500円)。露天風呂から羊蹄山が見える

キャンプ場から出発
ガスがかかった中で登る

6合目過ぎて見えた雲海に歓声
1合目毎に標識がある

8合目から9合目のトラバースで見た雲海

花弁が透明なサンカヨウ
メアカンキンバイ

9合目過ぎてからの避難小屋とニセコアンヌプリ

エゾノツガザクラが最盛期
外輪山にある昔の避難小屋跡

外輪山を歩き山頂に向かう
イワウメが綺麗だった

19年振りの山頂
山頂から見る父釜

山頂から岩場ルートを辿り下山
右のコルが真狩コース分岐


羊蹄山(小屋一泊)2014.8.2の山行記へ

比羅夫コース登山(1990~1992・3回分)へ


dummy

道央の山リストへ    inserted by FC2 system