夕張岳

夕張岳 1667m


花の名山よ永遠に!

(3回目)
コース名登り:冷水コース→下り:馬の背コース
登山日2010.6.27(日)
天候曇り時々晴れ
道路情報国道452号(夕張-芦別線)の明石から林道を14km入るとゲートで登山ポストがある。途中のゲートは6月中旬ごろ開放されるようだ。広い駐車場はない。道路脇のスペースに逐次駐車する。5台ほど置ける駐車スペースも用意してある。
トイレ情報馬の背コースの夕張岳ヒュッテにトイレがある(21年8月に有志がボランティアで建設)。夏期、夕張岳ヒュッテには管理人常駐。一泊1500円
所要時間登山口から●登り:4時間(冷水コース) ●下り:2時間40分(馬の背コース) 休憩時間含む
参考タイム【6:20】登山口ゲート(10')コース分岐(50')冷水の沢(20')コース合流点(30')石原平(10')望岳台(30')前山湿原入口(20')ひょうたん池(1゜10')【10:20】山頂【11:20】(1゜20')望岳台(25')コース合流点(40')ヒュッテ(5')コース分岐(10')登山口ゲート【14:15】 ( )は休憩時間含む
山行メモ夕張岳は13年振り。花と夕張岳ヒュッテのトイレを見たくて行く。3回目の夕張岳だったので、花は期待した以上に次から次へと咲いていて楽しませてもらった。記憶は定かでなかったが、過去のコースも登りは冷水コース、下りは馬の背コースだった。馬の背コースはアップダウンがありタフなコースだ。また石原平にシラネアオイの大群落があるのが分かり収穫だった。オロフレ山より凄いかも知れない。花の満開時期は終わっていたが、かなり咲いていた。札幌の自宅4:10発。往復、高速ETCを使った。やはり人気の山だけあって登山者が多い。ツアーも2組入っていた。夕張岳の固有種であるユウパリコザクラはパラパラと咲いている程度で寂しい限り。盗掘がいかにダメージが大きいか分かる。前岳湿原入口からしっかりした木道が続き、かなり歩き易くなった気がした。吹き通し手前でユウパリコザクラの会と思われる人が笹刈りをしていた。暑い中お疲れ様でした。下山で夕張岳ヒュッテに寄った。このヒュッテもボランティア(有志)で維持管理されている。夏期の登山シーズンは管理人常駐となる。トイレがまた素晴らしい。昨年、有志が手作りで建てた心のこもったトイレだ。固液分離型便器で尿はタンクに貯留、便はカートリッジに溜め、バクテリア製剤で容積を減らし、臭いも消す仕組みらしい。使用した紙は箱に入れる。協力金箱もあったので入れてきた。ユウパリコザクラの会の皆様のご苦労に感謝します。
花情報ユウパリコザクラ、ユウバリソウ、シソバキスミレ、ナンブイヌナズナ、エゾミヤマクワガタ、ユキバヒゴダイ、ムシトリスミレ、エゾノリュウキンカ、ミツバオウレン、ミヤマキンポウゲ、ハクサンチドリ、チシマフウロ、ウサギギク、ミヤマオダマキ、アズマギク、ハクサンイチゲ、チングルマ、タカネタンポポ、ヨツバシオガマ、ツマトリソウ、シロウマアサツキ
温泉ユーパロの湯(600円)露天が広い。檜のリンゴ風呂もやよかった

登山口のゲート(登山ポストあり)
10分ほどでコース分岐点

石原平はシラネアオイ群落地
望岳台で芦別岳が見えてくる

前岳湿原から木道が出てくる。ガマ岩と夕張岳山頂部

左がガマ岩、右が男岩

イワイチョウの群落
湿原の木道は快適だ

アズマギクとナンブイヌナズナ
吹き通しのユウバリソウ

吹き通しのシソバキスミレ
ミヤマダイコンソウ

シナノキンバイの蕾もいい
下山。吹き通しが見える

ミヤマオダマキとハクサンイチゲが咲き乱れる登山道

夕張岳ヒュッテ
夕張岳ヒュッテのトイレ

4回目(2014.6.15)の山行記へ

(2回目)
コース名大夕張コース(6.7km)
登山日1997.7.5(土)
天候曇り
所要時間●登り:4時間20分 ●下り:3時間30分
参考タイム林道終点(20')夕張岳ヒユッテ(1゜)冷水の沢(20')馬の背分岐(30')石原平(10')望岳台(25')憩沢(15')前岳湿原入口(50')吹通し(30')山頂(1゜10')憩沢(25')望岳台(45')分岐(50')ヒュッテ(20')林道終点
道路情報林道入口の明石から14km。林道は補修されており普通乗用車でOK。
その他情報林道終点の橋はコンクリート製で立派。橋の上には20台ほどの駐車スペース有り。下山に利用した馬の背コースは、アップダウンがありキツイ。 雨天後で、登山道は少し水が流れ、ぬかるみもあった。咲いていた花はウサギギク、ユウバリコザクラ、ユウバリソウ、イワイチョウ、シナノキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマキンバイ、カラマツソウ、ミツバオウレン、ムシトリスミレ、ツマトリソウ、リンギョウソウ、ハクサンイチゲ、チングルマ、ミヤマアズマグク、ヨツバシオガマ、ミヤマオダマキ、イワイソツツジ、エゾミヤマクワガタ、テングクワガタ、シソバキスミレ、シロウマアサツキ、ウコンウツギ、オオバミゾホウズキ。ユキバヒゴダイは蕾状態。

(1回目)
コース名大夕張コース(6.7km)
登山日1993.7.10(土)
天候晴れ
所要時間●登り:3時間30分 ●下り:2時間30分
参考タイム林道終点(55')冷水の沢(15')馬の背分岐(30')望岳台(20')憩沢(55')吹き通し(30')山頂(1゜05')望岳台(30')分岐(35')ヒュッテ(20')林道終点
道路情報林道入口の明石から14km。林道は補修されており普通乗用車でOK。
その他情報咲いていた花は、ユウバリソウ、ユウバリコザクラ、ムシトリスミレ、ウサギギク、クロシソバナ、シソバキスミレ、シナノキンンバイ、ナンブイヌナズナ、ダカネグンバイ、カラマツソウ、シロウマアサツキ、ミヤマアズマギク、テングクワガタ、オオバキスミレ、タカネクロスゲ、テングクワガタ、タカネクロスゲ。

夕張岳山頂では一瞬晴れた(1997.7.5)

dummy

夕張の山リストへ    inserted by FC2 system