遊楽部岳 1277m


アップダウンのある9.6kmのロングコースに満足。熊には気を付けたい!

コース名左股コース
登山日2002.7.27(土)
天候晴れ(快晴)
道路情報国道229号線から道々42号線に入る所に「遊楽部岳」の大きな案内板がある。八雲に向かって走る。暁橋の手前の林道を右折。すぐにゲートがあり閉まっていた。土砂崩れのためだそうだ。このゲートの前に車を止め、約1km歩くと登山口である
所要時間●登り:4時間30分 ●下り:3時間25分
参考タイム【7:10】ゲート(10')登山口(2゜00')5合目(1゜30')臼別岳(35')白水岳分岐(15')【12:15】山頂【13:05】(55')臼別岳(1゜00')5合目(1゜30')登山口【16:50】
( )は休憩時間含まず
山行メモ道南の山三昧の三日目。今日も暑い!9.6kmのロングコースなので、水は二人で5リットル以上持って登る。また、バナナ、ミカン、グレープフルーツと果物もたっぷり食べた山行だった。夏は果物が一番だ。熊対策も万全で鈴に笛に大声と熊に煩がられるほど。なんと言っても遭うのは嫌だからね。だが、一合目手前の登山道でさっそく、真新しい熊の糞に出くわす。歩きながらしたようだ。三合目まで3箇所もあったのには驚いた。熊の掘り返しもあった。その後は古い糞が数え切れないほどであった。五合目に出ると遙かなたに悠然と屹立した臼別岳が望まれ、見晴らしが一気によくなる。五合目からはアップダウンが続き、丈の高いヨツバヒヨドリやアザミの藪になった所も多く、辛い我慢の登りが続く。妻がコンビニで買った氷を広口のタンクに入れて持っていったが、これを飲むのが唯一の楽しみだった。六合目過ぎからは噴火湾と日本海、そして奥尻島が真近に見ることができる。臼別岳の手前のピークで単独の男性に追いつかれた。やや!なんと一昨年、雄鉾岳に一緒に登ったML仲間のハマちゃん@函館さんだった。入林届けに私の名前が書いてあったので、YOSHIOさんにどこかで会うだろうと登ってきたとのことであった。彼は我々より1時間30分後に登山開始というから超スピード。今年、洞爺湖でフルマラソンも走っているので相当な健脚者だ。途中で3人のパーティも抜かしてきたとのことだ。ハマちゃんに先に行ってもらい、その後に続く。臼別岳からは一度かなりの高度を降り登り返す。登ったピークが1277m最高点である。さらに山頂標識のある1275.5m地点までは、白水岳への分岐を経てハイマツの中を歩く。12時15分、登山開始から約5時間で山頂に着く。山頂はあまり見晴らしのよくない平坦なところだ。ハマちゃんとHYML(北海道の山メーリングリスト)や山の話をし、記念写真を撮り下山することに。五合目で羊蹄山を見ることができた。下りもさすがに長かったが、1合目毎につけてある標識に励まされ頑張れた。憧れの遊楽部岳に登れ、満足の暑い暑い夏休み登山だった。
ベニバナイチヤクソウ、オオウバユリ、クルマユリ、コバノイチヤクソウ、コケイラン、ツルアリドオシ、イワオトギロ、エゾノハナシノブ、トウゲブキ、ミヤマキンポウゲ、エゾカンゾウ
温泉国民宿舎「あわび山荘」 270円。
大成町野営場 一人200円。テント一張り500円

道々42号線から見た遊楽部岳(右)
臼別岳から見た遊楽部岳。まだまだ遠い

初めて見たエゾノハナシノブは輝いていた
ML仲間のハマちゃん@函館さんとパチリ

遊楽部岳を下ったところから臼別岳を見る

ハマちゃん@函館さんの「遊楽部岳」ページへ


dummy

道南の山リストへ    inserted by FC2 system