野牛山 539m(札幌50峰)


山頂に落雷で黒コゲになったイチイの大木がある

コース名滝野側コース(仮称)
登山日2000.5.21(日)
天候曇りのち晴れ
所要時間●登り:55分 ●下り:1時間15分
参考タイム最終人家【8:20】(10')二股(20')登山口1(25')山頂(15')登山口2(50')最終人家【11:00】
( )は休憩時間含まず
道路情報真駒内方面から来ると、右に滝のカントリーの入口、左に滝野神社、さらに右にピンクの家があり、そこの道を入っていく。その道の最終人家の道路脇に迷惑にならないように駐車する。
山行メモ山菜採り(タケノコ、ウド)の車と人でごったがえしていた。道路脇のゴミも目につく。ゴミの中にミヤマエンレイソウが健気に力強く咲いていた。登山道は歩き易い。山頂直前に落雷で黒コゲになったイチイの大木がある。山頂は藻岩山や白旗山が見える北方向の眺望がいい。南側は木々で見えない。山頂のすぐ近くの木に「ツツドリ」がボーボーと鳴いていた。双眼鏡でじっくり見ると何か親しみの感じる鳥だ。帰りはゴミや空き缶を拾いながら下山する。
山菜採りシーズンを避けると静かな山だと思う。
山座同定藻岩山、硬石山、真駒内スキー場の山、白旗山

野牛山の登山概略図

ところどころに小さな案内板がある
桜の木と野牛山

山頂直前に昭和57年12月に落雷で
黒コゲになったイチイの大木がある
野牛山の山頂

dummy

札幌の低山情報へ    inserted by FC2 system