焼山(豊平山) 662m(札幌50峰)


登山道は明瞭。登りは急だがロープもあり安全。山頂は眺望抜群!

コース名簾舞コース(仮称)   GPSトラック図    このコースは登山禁止になりました!
登山日2010.11.21(日)
天候快晴
所要時間●登り:1時間00分 ●下り:35分
参考タイム登山口【10:30】(30')お休み処(30')山頂(35')登山口【12:55】  ( )は休憩時間含む
道路情報国道230号線を札幌から定山渓に向かう。藤野から国道が下り坂になり簾舞に入っていくと左手に「簾舞中学校」の看板がある。そこを左折。約2.9kmを舗装道路を道なりに進むとヘヤピンカーブあり、そこが登山口。登山口から少し進み道路脇の空きスペースに駐車する。
山行メモいつも国道230号線を車で走っている時に気になっていた山だ。焼山と呼び、登山道がないので残雪期にみんな登っていた。昨年(2009年)登山道が開削されたとの情報が飛び交い、函館のsakagさんが荒削りの登山道があり登頂したとの報告があった。今年になって山のメーリングリストでも登頂した報告があり、11月の好天予報に妻と簾舞に向かった。登山道は予想していたより明瞭でピンクテープもあり迷うことはない。約30分で笹が無い開けた「お休み処」と書かれた小さな標識のある所に出る。小休止するにはよさそうな場所だ。ここからが急斜面となる。急斜面には親切に新しいロープが張り巡らせれている。このロープや木に掴まり、喘ぎながら登る。今日は11月下旬なのに温かく汗が流れ出る。辛抱しながら急斜面を登るとやがて「藤野方面-豊平山」の標識があり、右手に登山道は折れる。左側が崖のように急斜面になっている縁を登って行くと山頂に着く。山頂は三角点があり平らで陽が当たり、ポカポカ陽気である。山頂からの眺望もよく、雪が載った白い無意根山と余市岳が素晴らしい。山座同定しながら食事にする。葡萄やミカンを食べコーヒーを飲み寛ぐ。暫らくして単独の男性が登ってきた。私と同じスパイク長靴のようだ。山の確認などの会話をした後、我々は下山することに。下山もロープがあるので助かる。「お休み処」で若い二人の登山者が登ってきた。急斜面なので下山もあっと言う間だった。小春日和の札幌近郊登山、14時過ぎに自宅に着き、一日得した気分だった。
山座同定八剣山、烏帽子岳、神威岳、百松沢山、、定山渓天狗岳、白井岳、余市岳、無意根山、札幌岳、狭薄岳、空沼岳、恵庭岳、風不死岳、イチャンコッペ山、紋別岳、豊見山、豊栄山

道路脇に駐車(バックは△893m)
登山口は分かり易い

明瞭な登山道
所々に矢印がある

一度平坦になった所から焼山が見える
開放感のある「お休み処」

ロープを伝って急斜面を登る
山頂から白い無意根山が

左が豊見山(579m)右が藤野富士(651m)
下りもロープがあるので安心


dummy

札幌の低山情報へ    inserted by FC2 system